maxresdefault (1)


1:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 20:53:35.109 ID:9gT2csIZ0
6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて 
窓際に置いておいたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの 
便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。 
「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」 
夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって 
少しメソメソしてしちゃったよw 
昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と 
「ガンがなおるおくすり」 
と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。 
朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで 
「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。 
早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って 
「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」 
っていって、夫に薬を飲ませた。 
夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、 
「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、 
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」……っていうと 
夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして 
「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。 
私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように 
鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。 
夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。 
その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が 
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、 
つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。 
お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。


転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1462276415/

 
4:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 20:57:17.894 ID:9gT2csIZ0
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、 
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。 
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。 
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。 
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。 

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。 
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。 
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。 
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、 
06年1月31日に心中を決意した。 

「最後の親孝行に」 
片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で 
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は 
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が 
「すまんな」と謝ると、母は 
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は 
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。 
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、 
自分も包丁で首を切って自殺を図った。 

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、 
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。 

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。 
殺害時の2人のやりとりや、 
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。 
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

 
6:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:20:36.258 ID:9gT2csIZ0
私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、 
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。 
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。 
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。 
私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。 
すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、 
とても食べられなかった。 
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。 
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので 
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。 
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。 

それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。 
母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。 
中を見ると弁当のことばかり書いていた。 
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。 
後悔で涙がこぼれた

 
7:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:22:19.079 ID:9gT2csIZ0
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 
学もなく、技術もなかった母は、 
個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。 
それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、 
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。 

娯楽をする余裕なんてなく、 
日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。 
給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。 

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。 
俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、 
母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。 

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。 
母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。 
チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、 
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、 
外のベンチで弁当を食べて帰った。 
電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、 
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。 

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。 
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、 
母に孫を見せてやることもできた。 
そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように 
「野球、ごめんね」と言った。 
俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

 
8:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:24:37.296 ID:9gT2csIZ0
「沖縄に行かない?」 
いきなり母が電話で聞いてきた。 
当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 
「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。 
「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」 
「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。 
急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。 

それから半年後に母が死んだ。癌だった。 
医者からは余命半年と言われてたらしい。 
医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。 
父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。 
沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。 

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。 
パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。 
絵日記には 
「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。 
ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」 
・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。 

自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。 
というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。 
母はそれをずっと覚えていたのだ。 
そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。 

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。 
もう恩返しする事が出来ない・・・ 
涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。

 
10:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:28:33.963 ID:9gT2csIZ0
俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて 
それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。 
俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、 
母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。 
当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。 

母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は 
特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と 
ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり 
無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。 

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、 
まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。 

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、 
人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。 

今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。 
祖父、祖母、母、妹、俺・・・。 


その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、 
崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。

 
12:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:31:19.580 ID:9gT2csIZ0
小1の秋に母親が男作って家を出ていき、俺は親父の飯で育てられた。 
当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらず、また母親が突然いなくなった 
寂しさもあいまって俺は飯のたびに癇癪おこして大泣きしたりわめいたり、 
ひどい時には焦げた卵焼きを親父に向けて投げつけたりなんてこともあった。 

翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り。 
俺は嫌でたまらず、一口も食べずに友達にちょっとずつわけてもらったおかずと 
持っていったお菓子のみで腹を満たした。弁当の中身は道に捨ててしまった。 
家に帰って空の弁当箱を親父に渡すと、親父は俺が全部食べたんだと思い 
涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で、「全部食ったか、えらいな!ありがとうなあ!」 
と本当に嬉しそうな声と顔で言った。俺は本当のことなんてもちろん言えなかった。 

でもその後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていたことを親父に言ったわけ。 
親父は相当なショックを受けてて、でも先生が帰った後も俺に対して怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた。 
さすがに罪悪感を覚えた俺は気まずさもあってその夜、早々に布団にもぐりこんだ。 
でもなかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父のところに戻ろうとした。 
流しのところの電気がついてたので皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら、 
親父が読みすぎたせいかボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた。 

で、俺はその時ようやく、自分がとんでもないことをしたんだってことを自覚した。 
でも初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい、謝ろうにもなかなか踏み出せない。 

結局俺はまた布団に戻って、そんで心の中で親父に何回も謝りながら泣いた。 
翌朝、弁当のことや今までのことを謝った俺の頭を親父はまたぐりぐりと撫でてくれて、 
俺はそれ以来親父の作った飯を残すことは無くなった。 

親父は去年死んだ。病院で息を引き取る間際、悲しいのと寂しいのとで頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら 
「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」とか何とか言った俺に対し、 
親父はもう声も出せない状態だったものの微かに笑いつつ頷いてくれた。 
弁当のこととか色々、思い出すたび切なくて申し訳なくて泣きたくなる。

 
13:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:34:21.373 ID:9gT2csIZ0
俺の母親は、俺が2歳の時にがんで死んだそうだ。 
まだ物心つく前のことだから、当時はあまり寂しいなんていう感情もあまりわかなかった。 
この手の話でよくあるような、「母親がいない事を理由にいじめられる」なんて事も全然なくて、 
良い友達に恵まれて、それなりに充実した少年時代だったと思う。 
こんな風に片親なのに人並み以上に楽しく毎日を送れていたのは、 
やはり他ならぬ父の頑張りがあったからだと今も思う。 

あれは俺が小学校に入学してすぐにあった、父母同伴の遠足から帰ってきたときのこと。 
父は仕事で忙しいことがわかっていたので、一緒に来られないことを憎んだりはしなかった。 
一人お弁当を食べる俺を、友達のY君とそのお母さんが一緒に食べようって誘ってくれて、寂しくもなかった。 
でもなんとなく、Y君のお弁当に入っていた星形のにんじんがなぜだかとっても羨ましくなって、 
その日仕事から帰ったばかりの父に「僕のお弁当のにんじんも星の形がいい」ってお願いしたんだ。 

当時の俺はガキなりにも母親がいないという家庭環境に気を使ったりしてて、 
「何でうちにはお母さんがいないの」なんてことも父には一度だって聞いたことがなかった。 
星の形のにんじんだって、ただ単純にかっこいいからって、羨ましかっただけだったんだ。 
でも父にはそれが、母親がいない俺が一生懸命文句を言っているみたいに見えて、とても悲しかったらしい。 
突然俺をかき抱いて「ごめんな、ごめんな」って言ってわんわん泣いたんだ。 
いつも厳しくって、何かいたずらをしようものなら遠慮なくゲンコツを落としてきた父の泣き顔を見たのはそれがはじめて。 
同時に何で親父が泣いてるかわかっちゃって、俺も悲しくなって台所で男二人抱き合ってわんわん泣いたっけ。 

それからというもの、俺の弁当に入ってるにんじんは、ずっと星の形をしてた。 
高校になってもそれは続いて、いい加減恥ずかしくなってきて「もういいよ」なんて俺が言っても、 
「お前だってそれを見るたび恥ずかしい過去を思い出せるだろ」って冗談めかして笑ったっけ。 

そんな父も、今年結婚をした。相手は俺が羨ましくなるくらい気立てのいい女性だ。 
結婚式のスピーチの時、俺が「星の形のにんじん」の話をしたとき、親父は人前だってのに、またわんわん泣いた。 
でもそんな親父よりも、再婚相手の女の人のほうがもらい泣きしてもっとわんわん泣いてたっけ。 
良い相手を見つけられて、ほんとうに良かったね。 
心からおめでとう。そしてありがとう、お父さん。

 
15:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:37:47.342 ID:9gT2csIZ0
私の家族は父、母、私、弟の四人家族。 

弟がまだ六歳の時の話。 
弟と私は十二才離れてる。凄く可愛い弟。 
だけど遊びさかりだったし家に居れば父と母の取っ組み合いに巻き込まれる。 
だからほとんど家には帰らない日々だった。 
弟は毎日恐く淋しかっただろう。 
ある日家に帰ったら、お酒ばかり飲んで人の顔を見れば殴る父が座って一冊のノートを見ながら泣いていた。 
私もノートを覗き込んだんだ。 
そしたらね父が急に「ごめんな」って言うの。 
よく見たら弟がまだ汚い字で物語を書いてた。 
僕には楽しいパパ、優しいママ、いつも笑顔のお姉ちゃんがいる。 
いつも皆でおいしいご飯を笑いながら食べる。 
毎週日曜日は家族でお出かけをする。 
僕は皆にいつもいい子されて幸せいっぱい。 
毎日笑顔がいっぱい。 
そんなような事が沢山書かれてた。 
普通なら当たり前なのに私の家では出来ていなかった事が想像で沢山かかれてた。 
紛れもなく弟の夢が描かれてた。 
父と泣いて読んだ。 
母がパートから帰ってきて母も読み泣いた。 
その日の夜は揃って鍋をした。弟は初めての体験。 
凄い笑ってた。 
父も母も私も照れながら 
笑った。 
それから 
少しづつ弟の物語は現実になった。 
今では笑顔沢山の家族になりました。 

弟の物語はあれ以来書かれなくなった。

 
19:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:41:20.083 ID:9gT2csIZ0
ヘタレプログラマーは,今日も仕事で疲れきって,遅くなって家に帰ってきた。すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。 

「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」 
「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」 
「なんだ?」 
「パパは,1時間にいくらお金をかせぐの?」 
「お前には関係ないことだ」ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。「なんだって,そんなこと聞くんだ?」 
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」女の子は嘆願した。 
「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」 
「わあ」女の子は言った。「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」 
「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」 

女の子は,黙って自分の部屋に行った。 
しばらくして,父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない...。たぶん,娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。それに,今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・ 
男は,娘の部屋に行くと,そっとドアを開けた。 

「もう,寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。 
「ううん。パパ」女の子の声がした。少し泣いているようだ。 
「今日は長いこと働いていたし,ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の10ドルだよ」 
女の子は,ベットから起きあがって,顔を輝かせた。「ありがとう。パパ!」 
そして,小さな手を枕の下に入れると,数枚の硬貨を取り出した。 

父親はちょっとびっくりして言った。「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」 
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」女の子は答えた。そして,10ドル札と硬貨を父親に差しのべて... 
「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」

 
21:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:42:39.557 ID:9gT2csIZ0
今日珍しく俺は母ちゃんを外食に誘った。 
行き先は昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 
俺は味噌大盛り、母ちゃんは味噌並み盛りを頼んだ。 
「昔からここ美味しいのよね」って、柄にもなく顔にシワよせて笑ってたんだ。 

ラーメンが出来上がると、俺も母ちゃんも夢中で麺をすすってた。 
あんまりにも母ちゃんがニコニコしながら食べてるもんだから、 
俺もつられて笑っちまったよ。 

しばらく経って、ラーメンを食い終わった俺はふと母ちゃんの方を見たんだ。 
ラーメンの器に浮かぶチャーシューが一枚、二枚、三枚・・。そのチャーシューを捲ると麺がまだ沢山余ってた。 
母ちゃんは俺の方を申し訳なさそうに見て、「ごめんね、母ちゃんもう年だから。ごめんね」と繰り返してた。 
「んなもんしゃーねーべ」と言うと、俺は母ちゃんの残したラーメンをすすった。 
そういやガキの頃、よく無理して大盛り頼んで、結局食べきれなくて母ちゃんに食ってもらってたっけ。 
いつの間にか立場も逆転。あんなに若かった母ちゃんの顔も今じゃシワだらけで、背丈も頭一個分違う。 
そのシワの数程今まで散々迷惑掛けたんだろうなって思うと、悔しさと不甲斐なさで涙が出てくる。 
母ちゃん、こんな俺を今まで育ててくれてありがとう。 

俺、立派な社会人になるわ。

 
25:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:47:39.700 ID:9gT2csIZ0
私を大学に通わせてくれた母へ 

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね 
私が産まれて時、あなたは泣きながら喜んだんですね 
私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね 
借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で仕事の毎日でしたね 
保育園では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね 
小学校の給食費を払えない月もありましたね 
修学旅行のおみやげはご当地キーホルダーだけでしたね 
中学の制服は親戚のおさがりでしたね 
高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね 

無理を承知で大学行きたいと頼んだ時、あなたは反論しませんでしたね 
ごみ処理場から捨てる予定の参考書をもらいに行きましたね 
お金がかかるから私立は受けられず、国立専願受験でしたね 
センター試験の前日には初めて特上寿司を食べさせてくれましたね 
センター試験に失敗したけど、あなたは最後まで諦めないよう励ましてくれましたね 
前期に落ちて、一度私は自殺しかけましたね 
あなたは怒ることもなく、ずっと私に謝り続けていましたね 
私もあなたにずっと謝り続けましたね 
そして私は気持ちを切り替えて後 私はその後も頑張って勉強して、なんとか後期に合格することが出来ましたね あなたはずっと「おめでとう、おめでとう」と泣き続けてくれましたね 

でもあなたは入学の準備の時に急に倒れて病院に運ばれましたね 医者が、癌が全身に転移していてこれから一週間が峠だと告げましたね 
私がただただ泣き続けている時にあなたは「この体の傷や癌の一つ一つがあなたを育てあげた立派な勲章なのよ」と微笑みながら言いましたね  
あなたは最後まで泣くことも苦しむこともなく、静かにこの世を去りましたね 

今私は医者になるために毎日一生懸命に勉強していますよ あなたの命を奪った癌に苦しむ人々を治療して助けたいから 
私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど、あなたに生まれ、育てられて本当によかったよ 

ありがとう、お母さん。

 
29:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:50:51.317 ID:9gT2csIZ0
うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんてなかった 
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた 
絵は上手じゃない 
ただ、どうにかして形に残したかったらしい 
ほぼ毎日、赤ん坊の俺を一生懸命描いてた 
絵の隣に『キゲンが悪いのかな??』とか『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで 
小学四年生の時、家に遊びに来た友達数人に、そのアルバムを発見された 
めちゃくちゃ笑われて、貧乏を馬鹿にされた 
友達が帰って直ぐ、俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた 
パートから帰って来た母さんがそれを見つけて、泣きだした 
破いた理由を言っても、変わらず泣き続けた 
翌朝起きると、居間で母さんがゴミ箱から絵の破片を集めてセロハンテープでとめてた 
「恥ずかしい思いさせてごめんね。でもね、これ、母さんの宝物なんよ」 
申し訳なさそうに優しくそう言われると、涙が溢れ、俺はごめんなさいと謝った

 
30:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:52:51.944 ID:9gT2csIZ0
腹違いの兄貴が居る。 
俺小学5年、兄貴大学生の時に子連れ同士の再婚。 
一回り近く年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないまま。 

大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら、兄貴が知らない内に払っていた。 
俺「気を遣わないでよ。いざとなれば働けば…」 
兄貴「馬鹿野郎。俺はお前の兄ちゃんだ。」後でちょっと泣いた。 

姪っ子が大怪我した時、限界まで輸血した。 
兄貴「もういい止めろ。死んでしまう」 
俺「うるさい。俺は○子の叔父さんだ」義姉共々泣かした。 
お返しだ。ザマミロ。 

姪っ子の結婚式の時、 
「私にはお父さんとお母さんと、叔父さんの血が流れています」 
って言われて図らずも号泣。兄貴夫婦以上に号泣。大恥かいた。

 
31:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:54:08.833 ID:9gT2csIZ0
4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、 
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 


ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 

「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、 
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」 
と書いてあったそうだ。 
旦那は去年、交通事故で他界した。 
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・ 
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。 

「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」 
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。 


娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない

 
35:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 21:58:50.397 ID:9gT2csIZ0
大学が決まり一人暮らしの前日の日 
親父が時計をくれた。 
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」 
そういってた。 
二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。 
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。 
紛れもない偽者であることが判明した。 
すぐに親父電話した。 

俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」 
親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ 
   最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」 
親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」 
俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」 
親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」 
親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」 

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。 
今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。 
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が 
また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。 
親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」 
オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。 

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」 
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・ 
親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

 
36:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:02:34.533 ID:9gT2csIZ0
私には、兄がいました。 3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。 
ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。) 勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。 
バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。 苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。 
おもしろかった。 たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。 
とても、強かったので、大苦戦してました。 ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。 
「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」 
私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、 なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。 
そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。 葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。 
お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。 でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。 
だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。 私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。 
ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。 
そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。 
兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。 
それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。 
その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。 
お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。 
今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。

 
37:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:03:42.093 ID:9gT2csIZ0
俺は小さい頃、家の事情でおばあちゃんに預けられていた。 
当初、見知らぬ土地にきて間もなく当然友達もいない。 
いつしか俺はノートに自分が考えたスゴロクを書くのに夢中になっていた。 
それをおばあちゃんに見せては 
「ここでモンスターが出るんだよ」 
「ここに止まったら三回休み~」 
おばあちゃんはニコニコしながら、「ほーうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。 
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。 
やがて俺にも友達ができ、そんなことも忘れ友達と遊びまくってた頃 
家の事情も解消され、自分の家に戻った。 
おばあちゃんは別れるときもニコニコしていて 
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」 
と喜んでくれた。 


先日そのおばあちゃんが死んだ。 
89歳の大往生だった。 
遺品を整理していた母から「あんたに」と一冊のノートをもらった。 
開いてみみるとそこにはおばあちゃんの作ったスゴロクが書かれてあった。 
モンスターの絵らしきものが書かれてあったり、なぜかぬらりひょんとか 
妖怪も混じっていた。 
「おばあちゃんよく作ったな」とちょっと苦笑していた。 
最後のあがりのページを見た。 
「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に 
「義弘(俺)くんに友達がいっぱいできますように」 

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。 
おばあちゃん、死に目にあえなくてごめんよ。

 
38:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:04:29.402 ID:9gT2csIZ0
俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。 
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、 
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。 
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの 
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。 
どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。 
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の 
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの 
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。 
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。 
去年俺は結婚したんだけど、 
結婚式前日に母に大事そうに錆びた ハンドクリームの缶を見せられた。 
泣いたね、、。 
初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。

 
39:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:05:36.368 ID:9gT2csIZ0
母は、僕を女手一人で育てた。 
僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。 
そのマンションからは、夏に花火をみることができる。 

父と母が過ごした街の花火。 
毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。 
花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。 
父は、母に素敵なものを残したなっと思った。 

でも、それは長くは続かなかった。 
僕が高校の時に、うちのマンションの前に、もっと高層マンションが建設されたのだ。 
僕は、景観が悪くなるなぁって、思ってた。 

その年の花火の日、いつものように、テーブルを移動して準備してた。 
花火みれるかな?って、心配だった。 

花火みれなかった。見事にマンションで見えなくなってる。 
音だけの花火。 
あんなに悲しそうな母の横顔を見たことがない。 

僕は、母を連れて、川辺に歩いていった。 
母と見上げた初めての花火。 

父さん、心配するな。これからは僕が母さんを笑顔にする。

 
40:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:08:29.187 ID:9gT2csIZ0
俺は親父が好きじゃなかった。 
お袋とだったら何でも話せるのに、 
親父と本音で話したことなんてなかった。 
親父は俺が18のとき死んだ。 
心臓が急に止まったらしく、何の処置もできないまま死んだ。 
その時は涙は出なかった。 
ただ、泣きじゃくるお袋を可哀想だとは思った。 

俺が21のとき、いい加減親父の部屋を 
片付けようってなって家族で片付けていた。 
俺はワインを見つけた。 
俺が中学の修学旅行で土産に買ってきたものだ。 
お袋は言った。 
―お父さんな、それアンタと飲むのを楽しみにしとったんやで。 
なぜか涙が出てきた。 

俺は親父の墓前でそれを飲んだ。

 
43:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:13:03.911 ID:9gT2csIZ0
このくらいで終わろうかな 

『孝行のしたい時分に親はなし』って言葉もあるし、親孝行できてない人は些細なことでいいから行動してみよう 
照れくさいかもしれんが後悔する前に 
偉そうに言ってすまん

 
45:VIPPER定期 :2016/05/03(火) 22:20:01.522 ID:Z5mNMCim0
>>43 
乙 
ティッシュ1箱無くなったわ